LIVAZ-4/32-W10(N4200)の拡張ストレージ&メモリを取り付け

LIVAZ-4/32-W10(N4200)の使用感については、小さくて、動作も軽快で、値段の割にパフォーマンスもよく、そもそも目的の4K出力も快適なので、大満足だったのですが、ストレージが32GBしかないために、初期状態から空き領域が5GB程度でした。

この状態でソフトウェアを追加したり、Windowsシステムのアップデートを適用したりしようものなら、すぐにディスクが空き領域不足になり、にっちもさっちもいかないことになるのは見え見えでした。

ということで、領域を広げるために拡張ストレージを購入しました。

ECS LIVA Z 拡張ストレージは、M.2(Type2242)という規格のSSDの取り付けになります。一番コストパフォーマンスが高い、以下の商品を購入しました。

Transcend 3D TLC NAND採用 SSD 120GB M.2 2242 SATA-III 6Gb/s TS120GMTS420

最近疎くて、M.2という言葉自体知らなかったのですが、見ての通りディスク型ではない、ノートPC用メモリよりも小さい部品でした。

ついでにメモリも4GBだったのを、もう1枚買って4GB × 2の8GBにしました。

エレコム EV1600L-N4GA/RO [RoHS準拠メモリ/DDR3L-1600/4GB/ノート用]

 

 

ちなみにLIVA Zの筐体の開け方ですけど、簡単でした。

LIVA Zの裏面4隅に4つの小さめネジがあるので、それを全部外します。ちゃんとネジを取り外して抜き出しておかないと、中途半端にネジが外れてないこともありますので、注意です。
その後は、下の写真のように、薄めのマイナスドライバなどを差し込んでクリっと隙間を開けば、小さい爪で止められているだけなので、楽に空きます。たまにツメがガッチリ嵌ってて、パキッと折れたりするものもありますが、この筐体はそんなことなく開きます。

LIVAZ-4/32-W10(N4200)の開け方1
LIVAZ-4/32-W10(N4200)の開け方2